ぎっくり腰

  • 腰が痛くて、前にかがむことができない。
  • 何度か、ぎっくり腰になったことがある。
  • 一度横になったら起き上がるのが困難である。
  • 安静にしていても、とにかく腰が痛くて辛い。
  • 腰をに反らしたり、横に倒すことができない。

ぎっくり腰について|中央区日本橋あおやま整骨院・整体院 人形町院

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げた時、引越の手伝いをしている時、捻る動きをした時など不自然な姿勢や過負荷が腰に加わった時、ごみを拾おうとした時、くしゃみをした時などの簡単な動きで、腰に急な痛みが走ります。

ぎっくり腰になりやすい人の特徴は、運動不足の人・同じ体勢が多い人・生活習慣が悪い人・肥満体系の人・冷え症などがあげられます。日常生活での疲労や歪みが原因となる事が多いです。しかし、運動をしている人でもぎっくり腰は起こります。

ぎっくり腰は、筋力が衰えていたり血行が悪かったりすると起こりやすくなります。不自然な姿勢や過負荷で腰に負担がかかり腰に疲労が溜まります。筋肉が固まり、関節が動きにくい状態になります。負荷の強い行動をきっかけに炎症を発症し、ぎっくり腰になります。

ぎっくり腰は別名急性腰痛、椎間関節捻挫などと呼ばれています。筋の疲労、骨格のゆがみ、腰への急激な負荷、体質などが原因と言われています。 

ぎっくり腰は筋や関節などの炎症が一般的です。ぎっくり腰の一般的な治療法として、2.3日は患部をアイシングし、安静にしすぎるのではなく、無理のない日常生活動作をすることが筋力を不要に落とさず早く治りやすいと言われています。

ぎっくり腰の根本治療・整体|中央区日本橋あおやま整骨院・整体院 人形町院

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院では、ぎっくり腰の原因の鑑別が大切だと考えています。簡単に鑑別できることもあれば、根本治療・整体を続け経過をみることで鑑別できることもあります。もちろん、中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院以外にも整形外科や病院などの医療機関の診察や治療が必要な場合があれば、そちらに紹介することもございます。レントゲン検査、CT検査、MRI検査などは、整骨院ではできないからです。

ぎっくり腰が起こりえる疾患といえば、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症、筋筋膜性腰痛症など様々な疾患があげられます。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院の問診では、いつ・どこで・どうしてその症状が出たのか、負傷原因がはっきりあるのか、なんとなく発生したのか等、患者様にお聞きしたり、思い出してもらったりして、一緒に根本原因を仮定していきます。

所見では、主訴(自覚症状)をお聞きしたり、検査をしたりしていきます。炎症の4所見(痛み、熱感、腫れ、赤み)や機能障害(動かしたときの痛み、動きの制限)や、歪み(背骨のSカーブ、左右の足の長さ、左右の肩甲骨の高さ)、その他(しびれ、むくみ、違和感、知覚、筋力など)も診ていきます。ぎっくり腰の原因を調べるために、必要な検査(筋膜、神経、血管、内臓、頭蓋)して、根本原因を仮定していきます。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院の根本治療は、最初はビックリするかもしれません。なぜなら、他の部分の治療をするだけで、症状のある患部にまったく触れない・軽く触れているだけで症状が消失してしまうからです。

もちろん症状によっては患部のある部分を操作することもあります。ただ患部を気持ち良くするためだけのリラクゼーション整体・マッサージ治療ではありません。必要に応じて安静・固定・電気治療(超音波・微弱電流・干渉波など)・トルマリン温熱パック・アイシング・マッサージ・ストレッチ・カイロプラクティック・矯正・鍼灸・運動療法・生活指導(普段と違う姿勢を取り入れてもらったり、枕の位置指導)など併用いたします。どこへ行っても良くならなかった方、交通事故の怪我の方、中央区日本橋人形町付近の方、一番最後にあおやま整骨院・鍼灸院・整体院までお尋ねください!駅からも近く、土曜、日曜、祝日も営業しており、赤ちゃん連れや子供連れもOKです。