肩こり・首こり

  • 肩こりが辛い時は、頭痛も併発しやすい。
  • 首から肩、肩甲骨にかけてコリ固まっている。
  • マッサージをしても肩が重だるい。
  • 寝る前にストレッチをしたり、枕を変えた。
  • 肩こりのツボを押して痛みをごまかしてる。

肩こりの特徴とは?

肩こり は女性に圧倒的に多い

わたしたち日本人を悩ませている肩こり。厚生労働省が公表している「平成29年の国民生活基礎調査の概況」によると、病気やケガ等で自覚する悩みは、女性は1位肩こり。男性は2位肩こりです。

また、女性のほうが自覚する悩みが圧倒的に多い。筋肉量が男性と比べて少ないことや体の冷えが要因で、女性に肩こり持ちが多いことが知られています。

肩こりは、一般的に肩の筋肉が張って重苦しい状態です。また、遺伝も関係があると言われています。

肩こり は日本人に非常に多い

肩こりは、われわれ日本人に非常に多いと言われています。肩こりに悩んでいる方の多さは世界一とまで言われています。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院に来られる多くの方は、筋肉が張って硬くなっており、「何か肩についている感じがする」と、肩の重苦しさを訴えられます。マッスルメーターという機器で、筋肉の硬さを計ってみると、かなり高めの数値を示します。

現代医学では、肩こりは「肩の筋肉が緊張することで、血液循環が悪くなり、乳酸などの老廃物が筋肉の中に溜まるために起こる」と説明されています。しかしながら、なぜ肩の筋肉が緊張するのかといった原因が明確になっていません。

肩こりは、状態によって3段階に分けることが出来ます。

➀軽度の肩こり・・・筋肉の収縮が比較的軽く、肩に凝りを感じます。

②中度の肩こり・・・筋肉の収縮が比較的強く、肩に凝りだけでなく痛みを感じます。

③重度の肩こり・・・筋肉の収縮がとても強く、肩に凝りや痛みだけでなく、緊張性頭痛を伴うようになります。

肩こり解消のために、一般的な病院や整形外科では

・筋肉を緩める薬

・首の牽引

・低周波などの電気

などを行っていることが多いです。

肩こりの原因とは?

➀肩や首の筋肉・骨・神経・血管に、原因が考えられる肩こり

椎間板ヘルニア

首・背中・腰・骨盤までつながっている背骨は長い1本の骨ではなく、椎骨というブロックの骨がいくつも重なってできています。椎骨同士の間にはクッションの役割をしている椎間板という柔らかい軟骨があります。椎間板の中身がズレて飛び出した状態が椎間板ヘルニアといいます。椎間板ヘルニアは、首の骨の中の神経が圧迫され、痛みやしびれ、肩こりなどが出ます。10~30代の若い人に多いとされています。

胸郭出口症候群

肩と首の間に位置し、神経や血管が通っている部分「いわゆる胸郭出口」が狭いために、神経や血管が障害されている状態のことをいいます。肩や背中、腕、肘、手首、指付近に痛み・しびれ・こり・むくみ・冷感を伴うことがあります。比較的若い女性(なで肩、筋力の弱い方)に多い傾向があります。胸郭出口症候群を細分化すると下記の4つになります。

・斜角筋症候群

・肋鎖症候群

・小胸筋症候群

・頚肋

五十肩・四十肩「= 肩関節周囲炎」

はっきりと原因は解明されていないのですが、加齢・老化による肩の関節の骨、軟骨、筋肉、靭帯、関節包などのわずかな変化が重なり慢性的に軽い炎症が起きてしまい、肩が痛くて動かしにくくなる状態(可動域の制限が顕著)です。一定期間の経過(数カ月~数年程度)により、自然に痛みが回復しますが、可動域の制限が残ってしまうことがほとんどです。

変形性頚椎症・後縦靭帯骨化症

椎骨や椎間板が何らかの原因により変形し、神経を障害するのが変形性頚椎症です。後縦靭帯骨化症は、脊柱管内の前側にある柔らかいテープ状の組織「後縦靭帯」が骨のように硬く大きくなって、神経を障害します。どちらも加齢の影響が大きく、肩や首の痛み、手の痛みやしびれの原因になります。軽い状態ですめば、一般的な肩こりだけのこともあります。

その他

スポーツや運動をして、肩や首の骨や筋肉を痛めたり、首の骨の感染症やガンで肩が凝るということもあります。

②肩や首とは別の部分に、原因が考えられる肩こり

眼精疲労

白内障などで物が見えづらいとき、乱視・近視・老眼などの矯正が適切でないときは、目を近づける不自然な姿勢をとりがちなため、肩こりになりやすいです。

高血圧や内臓が原因のもの

高血圧や心臓、肺が原因の肩こりが起きることがあります。

その他

中年女性では更年期障害が原因の肩こりで起こることがあります。耳鼻科関連が原因の肩こり、顎関節の不調で肩こりが継続することもあります。また、心理的なストレスが肩こりとな
って起こる事もあります。

③原因がはっきりしない肩こり

本態性肩こり

①や②に該当しない肩こりが大半を占めます。日常生活や仕事をしているときの姿勢がよくないのかもしれません。現代医学の検査技術ではわからないほどのわずかな異常、例えば骨や軟骨の変形や血流の減少、筋力の低下やこわばりなどがあって、その影響なのかもしれません。このような原因がはっきりしない肩こりを、現代医学では「本態性肩こり」といいます。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院の肩こり施術とは!

あおやま整骨院の「肩こり」施術の方針

あおやま整骨院は、カウンセリング、所見、検査、施術をとおして「肩こり」の根本原因を見つけることに努めています。現状よりも少しでも苦痛から解放されますように、そして健康を維持できますように、いろいろなカラダについてのアドバイスをさせていただいております。

あおやま整骨院が「肩こり」の原因を見つけるよりも大切に思っていること

それは、相手の痛い気持ちを理解して、共感してあげることです。痛いという言葉は、日常的にありふれていて、また自分自身でもよく使う言葉です。そのため、痛いという相手の気持ちを、自分の痛いという感覚で考えてしまいがちです。痛いという言葉には、相手の気持ちや状況は含まれていません。そのため、相手の気持ちをわかろうとしなければ、永久に分かり合うことはできないんです。

あおやま整骨院は、「肩が凝って痛い!」という叫びよりも、「どのような気持ちで痛みを訴えているのだろう?」と相手の気持ちを想像することのほうが大切であると思っています。

中には、「肩が凝って痛いですか。それは大変でしたね。」と、共感してあげることで、痛みが和らぐ方もいます。痛みは感覚であると同時に感情でもあります。相手の気持ちを理解し、気持ちを落ち着かせてあげることこそが、原因を見つけることよりも大切なことかもしれません。

 

 

患者様の声 | 中央区日本橋 あおやま整骨院 人形町院

  • M.H様 膝の痛み・肩こり 中央区日本橋人形町

    私は昔から肩こりがひどく、5年前位から膝の痛みが、加わりました。 あおやま整骨院に来るようになったのは5年前からで、その時は、5分も歩けない位でした。 お陰様で、現在は階段を降りるのが不自由な位で、膝の痛みも少なく、あとは何とか歩けるようになりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。