手首痛・腱鞘炎・ばね指

  • 手を握ると痛みが走る。腱鞘炎と言われた。
  • 手首周辺がむくんでいたり、腫れている。
  • 軽いものは持てるが重いものが持てない。
  • ペットボトルの蓋が開けようとすると痛む。
  • ピアニスト、料理人などの特有の職業である。

手首痛・腱鞘炎について|中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院

腱鞘炎(腱しょう炎)は、症状として腫れ、熱感などの炎症を起こしている部分を触ったり、動かすと痛みを感じたり腱に近い部分の関節を少しでも動かすと強い痛みを伴うのが腱鞘炎の特徴です。

腱鞘炎の症状がどんどん悪くなると、前腕や上腕、肘など腕の部分に症状が生じます。また、手首以外にも、指、手首、肘、足に腱鞘炎は起こります。

まったく痛みがないのに腱鞘炎という場合もあります。

腱鞘炎になりやすい人は、 主婦、美容師、PC作業の多い人などよく手を使う人や
妊娠、出産期、更年期の女性などホルモンバランスが乱れている人、人口透析、リウマチ、 糖尿病の人、赤ちゃんの抱っこや、年齢とともに腱・腱鞘の柔軟性がなくなり発症しやすくなります。

筋肉の両端を腱といい、固いヒモのようなものが束になっています。腱はパイプを通り、そのパイプが腱鞘です。腱や腱鞘は使い過ぎると炎症を起こすことがあり、その状態が腱鞘炎です。

腫れや熱がある場合はアイシングをし、腱鞘炎の症状が強い場合は、病院や整形外科にて抗炎症剤や鎮痛剤を使用することがあります。急性期を過ぎ、慢性化している場合はストレッチをすることで血行を良くし酸素や栄養などを届きやすくし、腱鞘炎の回復を早める効果があります。

腱鞘炎は慢性化や再発しやすいので痛みが消えても経過観察が重要とされています。

手首痛・ばね指・手根管症候群について|中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院

手根管症候群

症状として、親指、人差し指、中指、薬指の内側の3本半に痛み・しびれが出ます。(正中神経の支配領域)。指を曲げ伸ばしてみたり、手を振ったりすると痛み・しびれは楽になりやすいです。手のむくみ・手のこわばり感が出ることもあります。ひどくなると親指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。これは、正中神経が傷つき、うまく神経伝達できなくなるために、筋力低下することで起こります。裁縫がしづらくなり、細かい物がつまむことができなくなります。

原因として、妊娠や出産の頃や更年期の女性に多く見られます。これは女性のホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみが原因と考えられています。手根管の内圧が上がり、圧迫に弱い正中神経が症状を呈すると考えられています。また特発性のものも多く、それらは原因不明とされています。その他では、手首の骨折(橈骨・尺骨・月状骨)などのケガ、スポーツや仕事での手首の酷使、腱鞘炎、透析をしている方などにみられます。腫瘤や腫瘍などの出来物でも手根管症候群になり、手首に痛みが生じることがあります。

病態として、正中神経が手首の手根管というトンネル内で圧迫され、そして手首の動きが加わって手根管症候群は起こります。手首内部にある手根骨と屈筋支帯で囲まれたトンネルには、正中神経と指を動かすための9本の腱が滑膜性の腱鞘があります。

診断として、手首を90度に曲げて手の甲をあわせてキープし、60秒以内に痛み、しびれが悪化したら(誘発テスト)、ファレンテスト陽性といいます。症状が強かったり、長期間患っている場合には、親指付け根の母指球の筋力低下や筋萎縮もみられます。手首の手のひら側を指先や打腱器などでたたくとしびれ、痛みが指先に響いたら、チネルサイン陽性といいます。腫瘤が疑われるものでは、整形外科や病院にてMRIやエコーなどの検査が必要です。

 

 

 

ばね指

手の指を曲げ伸ばしする時に、一時的に指が引っかかった後、ばねのように弾けるような感じがして引っかかりが取れ、指の曲げ伸ばしが可能となることををばね指と呼びます。痛みやシコリ、腫れ、ひどい場合には、指が曲がったままになり反対の手で戻してあげないと伸びなくなります。

ばね指は、更年期、妊娠出産期の女性に多く発症します。指を良く使う仕事の人に多いのも特徴です。母指(親指)・中指によくみられ、 朝方に症状が強く現れることがあり日中は使っていると症状が軽減することもあります。

ばね指とは指の屈筋腱に異常が生じて起こることです。
屈筋腱に腱鞘炎が起こることが原因となり発症します。ばね指は弾発指とも呼ばれており肥厚性腱鞘炎という腱鞘炎の一種です。

何らかの影響で太くなったり、肥厚してしまうことで、腱が腱鞘と呼ばれるトンネルのような腱の通り道に引っかかることでばね指と呼ばれる状態になります。 

一般的な治療法として、ばね指は安静にする事が大事です。重症になると手術をすることもある為、普段から指が疲れているな、と感じたときには湿布やアイシングで少し手を冷やすようにするのが大切です。

手首痛全般の根本治療・整体の方法とは|中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院では、まず手首固有の疾患なのか、根本原因が別のところにあって手首付近に痛み、しびれ、むくみ、違和感を出しているのかを鑑別します。簡単に鑑別できることもあれば、根本治療・整体を続け経過をみることで鑑別できることもあります。

もちろん、当整骨院以外にも整形外科や病院などの診察や治療が必要な場合があれば、そちらに紹介することもございます。ケガと似ている疾患だと蜂窩織炎という感染症や、腰痛と間違えやすい疾患だと内臓疾患もあります。抗生物質などの飲み薬などが必要になり、病院の治療が必要になります。

手首固有の疾患であれば、腱鞘炎、ばね指(弾発指)、手根管症候群、ギヨン管(ギオン管)症候群、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)、変形性手関節症、拇指CM関節症、TFCC損傷、舟状骨骨折、橈骨遠位端骨折(コーレス骨折・スミス骨折)、月状骨脱臼、キーンベック病、ガングリオン、関節リウマチなど様々な疾患があります。

根本原因が違う疾患であれば、首・肩・上肢などの神経・血管症状や、頭・肩甲骨・腰・骨盤・下肢・内臓との皮膚・筋膜つながりからの症状が、手首周囲に出ることも多くございます。特に手首痛だからと言って、これまで手首の痛みの部分ばかりの治療や整体を続け、長い間症状の改善が見られなかった方は、後者のケースの可能性が高いです。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院の問診では、いつ・どこで・どうしてその症状が出たのか、負傷原因がはっきりあるのか、なんとなく発生したのか等、患者様にお聞きしたり、思い出してもらったりして、一緒に根本原因を仮定していきます。

所見では、主訴(自覚症状)をお聞きしたり、検査をしたりしていきます。炎症の4所見(痛み、熱感、腫れ、赤み)や機能障害(動かしたときの痛み、動きの制限)や、歪み(背骨のSカーブ、左右の足の長さ、左右の肩甲骨の高さ)、その他(しびれ、むくみ、違和感、知覚、筋力など)も診ていきます。手首が原因なのか、他の部分が原因かを調べるために、手首以外の必要な検査(筋膜、神経、血管、内臓、頭蓋)して、根本原因を仮定していきます。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院の根本治療は、最初はビックリするかもしれません。なぜなら、他の部分の治療をするだけで、症状のある患部にまったく触れない・軽く触れているだけで症状が消失してしまうからです。

もちろん症状によっては患部のある部分を操作することもあります。ただ患部を気持ち良くするためだけのリラクゼーション整体・マッサージ治療ではありません。必要に応じて安静・固定・電気治療(超音波・微弱電流・干渉波など)・トルマリン温熱パック・アイシング・マッサージ・ストレッチ・矯正・鍼灸・運動療法・生活指導(普段と違う姿勢を取り入れてもらったり、枕の位置指導)など併用いたします。

どこへ行っても良くならなかった方、交通事故の怪我の方、中央区日本橋人形町付近の方、一番最後にあおやま整骨院・鍼灸院・整体院までお尋ねください!駅からも近く、土曜、日曜、祝日も営業、赤ちゃん連れや子供連れもOKです。

症例 | 中央区日本橋 あおやま整骨院 人形町院

  • 中央区日本橋人形町 30代女性 ドケルバン病・狭窄性腱鞘炎

    長時間のデスクワークと趣味の手芸により常に両手に負担がかかり、病院でドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と診断されました。
    湿布と痛みどめを処方され経過観察との事でしたが、なかなか症状は改善せず、半年ほど痛みに悩み続けておられました。
    当院に初診で来院された時は、強い炎症で少し手首を動かしただけでも痛みが走り、パソコンのキーボードが打てない、お鍋が持てないという状態で、日常生活にかなり支障が出ていました。

    当整骨院の筋膜の繋がりを意識した根本治療により、二回目の来院の際には痛みは半分くらいに減り、炎症もかなり治まっていました。
    その後も来院の度に痛みが減っていき、現在は定期的にケアをしています。

    半年以上お休みしていた手芸も少しずつできるようになり、ご本人も「もっと早く来ればよかったです。希望が持てます。」と、大変喜んでおられます。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。