交通事故・むち打ち治療

  • 腰、背中、肩、首、頭に痛み、しびれがある。
  • 脱力感がある。集中力が低下した気がする。
  • 交通事故後、数日してから痛みが増してきた。
  • レントゲンでは「異常なし」だが症状がある。
  • 整形外科や病院の通院のみでは完治せず困る。

中央区あおやま整骨院 人形町院は、他の整骨院・接骨院・整形外科からの転院、併院も可能で自賠責保険適用により治療費が原則0円です。

施術者の全員が柔道整復師などの国家有資格者で、治療の経験、手技の種類、最新治療機器のどれもが数多く、多くの選択肢から、患者様の症状・状態に合った治療をご提案しています。重い症状の方から、体に軽く違和感がある方、交通事故後の体の調子を知りたい方までの早期改善・後遺症の残らないように努めています。

交通事故・むち打ち治療法は?|中央区あおやま整骨院 人形町院

中央区あおやま整骨院 人形町院では、交通事故の怪我、むち打ち症は、後遺症の残らないように、しっかりとした治療を行います。

事故の発生状況、事故発生から初診日までの症状を丁寧に問診し、徒手検査で体の痛み・しびれなどの症状をすべて調べていきます。むち打ち症になった方で頭痛、吐き気、めまいを訴えていても、その症状のほかに、調べてみると肩痛・背中痛・腰痛もあったということは良くあることです。

病院や整形外科は画像診断が主ですが、整骨院では徒手検査で関節の動きからみていきます。徒手検査での炎症所見や機能障害を整骨院では重視していて、炎症の代表的な4所見(腫れ、痛み、熱感、赤みの程度)、機能障害は関節の運動痛、関節の運動制限(可動域)を調べます。

レントゲンの画像診断では、むち打ちを示す画像は写らないことがほとんどで、交通事故の怪我・むち打ち(頸椎捻挫)は、画像診断されない箇所の怪我も多く、見逃されてしまう事があります。交通事故のリハビリは是非、中央区あおやま整骨院 人形町院へお越し下さい。

受傷当日から治療できます|中央区あおやま整骨院 人形町院

中央区あおやま整骨院 人形町院は、交通事故直後から使用できる最新機器がございます。

急性期の痛い患部には、刺激のほとんどなく、痛みの緩和、腫れを分散させ早期回復に導く超音波治療(1秒間に100万~300万のミクロマッサージ効果、浅部~深部まで対応)が可能です。

痛みの強い患部に強く触れない遠隔治療(筋膜リリース)もあり、急性期から慢性期まで根本的に改善するようにプログラムされています。

これらの最新機器と手技を症状によって組み合わせて、交通事故のむち打ち症状に関連する、頭痛、眼精疲労、耳鳴り、顎関節症、脳髄液減少症、首痛、肩こり、手足のしびれ、手足の打撲、背中痛、腰痛などに対応しています。

 

交通事故にあってしまったら|中央区あおやま整骨院 人形町院

① 加害車の車両の確認

車検証と運転免許証を見せていただき、相手方の氏名、住所と電話番号、車のナンバー、自賠責保険、自動車保険会社(任意保険保険証券)を確認させてもらいましょう。

 

② 警察に連絡

被害者、加害者にかかわらず、あとから症状が出たり後遺症が残ったり、その他トラブルが発生した場合に備えて、警察を介入しておかないと大変なことになります。たとえ相手に警察へ届け出ないよう言われても、必ず警察に連絡をして現場検証をしてもらうことが大切です。

 

➂ 保険会社に連絡

すぐに保険会社に交通事故の日時、場所、内容を連絡してもらいましょう。もちろんご自身の保険会社にも連絡しましょう。
交通事故後、1~2週間以上経ってから痛みを訴えても、事故との因果関係が証明できないとの理由で治療費、または保険金を支払ってもらえないことになりかねません。

 

④ 医療機関を受診(中央区あおやま整骨院 人形町院に連絡)

たとえ軽傷でも必ず受診しましょう。当院では、医師の診断も重要視していますため、整形外科または病院との併院を基本的に推奨しています。

 

⑤ 保険会社にあおやま整骨院 人形町院での治療を希望することを伝える。

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

慰謝料とは交通事故の被害者に対する、心の負担や苦痛を精神的苦痛の損害ととらえ、それを金銭によって癒す賠償のことを言います。交通事故の治療で自賠責保険や任意保険を利用して通院をした場合は原則的に患者様の負担は(治療費)はありません。

被害者1名につき、自賠責保険のみの場合でも最大120万円まで、治療費、文書料、休業損害、通院交通費、慰謝料等が支払われます。 任意保険加入の内容により、補償内容が手厚くなります。