捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)

  • 日常生活に支障があるほど痛む。
  • 少しでも早くスポーツに復帰したい。
  • 電気治療だけだと改善に時間がかかる。
  • 湿布だけだと改善に時間がかかる。
  • ケガの再発しづらい体を手に入れたい。

挫傷(肉離れ)・捻挫って何故起こるの?|中央区あおやま整骨院 人形町院

スポーツやお子様の運動会に参加するなど、急な運動が身体の負担になり、筋肉に力が入っているときに、強制的に引き伸ばされたりすることで挫傷(肉離れ)になったり、関節の正常可動範囲を超えることで靭帯が負傷し捻挫になります。

日常生活が忙しい方も多いため、体のメンテナンスや体調管理を怠ることはよくあることですが、挫傷(肉離れ)、捻挫は体調管理と無関係ではありません。頭で考えている体の動きと実際の体の動きが違うときに転倒や足首を捻るなどのケガが起こりやすいのです。

中央区あおやま整骨院 人形町院は挫傷(肉離れ)、捻挫の応急処置をして、受傷箇所の骨、関節、靭帯、筋肉、腱、軟骨、皮膚の異常を見極め、症状によって、あおやま整骨院で治療するケースとレントゲンを撮るために病院や整形外科の紹介をするケースの違いをしっかりと見極めます。

ケガを治療しないで放っておくと、挫傷(肉離れ)は損傷した筋肉の伸び縮みの動きが悪くなり、捻挫の場合は靭帯が緩くなること関節の可動域が異常になり、スポーツ時だけでなく日常生活に支障をきたす場合もあるため、怪我をしてしまったらすぐに来院していただき、早期改善治療することをオススメいたします。

中央区あおやま整骨院 人形町院の治療方法は?

中央区あおやま整骨院 人形町院は受傷直後の痛みを取るときには、鎮静効果の高い超音波治療器を用います。患部そのものに触れて欲しくない痛みには、周辺部位から筋膜リリースアプローチしていきます。

スポーツの怪我はずっと同じ治療というわけではなく、受傷直後と受傷して数日が経過したものでは、治療の方法は異なります。

症状にもよりますが受傷直後はRICE処置のアイシング、圧迫、挙上、固定、超音波治療から始めていき、腫れや熱感、赤みが引いて、痛みが一段落したら電気治療、筋膜リリースを行い、患部の可動域を正常な状態に戻していきます。

怪我で動かしていない筋肉や、怪我でかばってしまった体の他の部位に対して、電気治療、マッサージ、ストレッチ、筋力トレーニングをして、刺激を入れていき、同じ箇所の怪我を再発しないようにします。同じ足首を何度も捻挫するという方は癖だと思って諦めていますが、再発を防止する方法があります。全身つながっているため、ケガをしやすい筋膜のつながりを正常にすることが近道だと考えています。早期改善がしたい方、再発防止をしたい方は、中央区あおやま整骨院 人形町院までお越しください。

打撲とは?|中央区あおやま整骨院 人形町院

打ち身と打撲は同じ意味で、転倒で体をどこかにぶつけることによって出来たあざ等のことをいいます。強くぶつけて骨折することもあります。打撲をした直後は患部の腫れ、熱感、赤みなどの炎症があり、炎症がおさまった後でも、患部に負担をかけると痛みがあることがあります
打撲直後は負傷程度にもよりますが、微弱電流療法を行い、2~4日程度は冷やして、その後は超音波などで温めます。

関節部分の打撲は強い痛みを伴い、後遺症が残ることもあります、軽い打撲の痛みは1週間程度で改善していきます。対処法としては骨や皮膚に損傷がない場合は、患部に湿布を貼るだけでも良くなりますが、肋骨部分の打撲は痛みが長引きます。

打撲の痛みが続いたり、打撲に伴う内出血が長く見られる時は、中央区あおやま整骨院 人形町院でしっかり治療をすることをお勧めいたします、ぜひご相談ください。 また交通事故による手足の打撲がある方も、是非、ご相談ください。

 

患者様の声 | 中央区日本橋 あおやま整骨院 人形町院

  • あおやま整骨院・整体院 20代男性 捻挫・挫傷・打撲・肉離れ

    趣味のスポーツを長く続けられるのでありがたいです。

    野球は(特に投手)体への負担が大きいですが、適切な治療と日常のケア、トレーニングも指導して頂けるので、常に良いコンディションでプレーができています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。