膝痛

  • 長年の間、膝痛の症状と付き合っている。
  • 膝が痛むのため、うまく正座が出来ない。
  • スポーツ中に、膝が痛くなったことがある。
  • 膝の痛みで、階段の上り下りしずらい。
  • 最近、膝が痛いため、しゃがむのも辛い。

膝痛の原因とメカニズム

膝(ひざ)は、体重から逃げられない

私達は日々、立ったり、座ったり、歩いたりといった動きを自然と行っていますが、そうした動作をするためには「関節」が大切な役割となっています。そして、膝を動かすためには、一つの関節だけでなく、歩くといった動作をするのにも、数種類の関節が連動して動いています。

 

中央区日本橋あおやま整骨院・整体院 人形町院では、膝痛に対しての運動療法であったり、膝痛に対しての日常生活の指導をしておりますが、患者様自身が膝のメカニズムを理解していると、納得して実践することが出来るかと思います。少し難しいかと思いますが、これから膝痛について説明していきます。

膝関節は、体重を支える「荷重関節(かじゅうかんせつ)」の一つです。腰や首なども、荷重関節ですが、膝が一番体重がかかります。歩くという動きをする時に、体重の約3倍の重さがかかります。跳んだり、走ったり、階段の上り下りという動きをする時には、最高で体重の約8倍の重さがかかります。

体重の3~8倍が、膝関節には日々かかっているのです。膝は、体重から逃げられません。手首や肘などの荷重関節以外であれば、痛めている時は使わないで休めることができますが、膝は荷重関節のため、立ったり、歩いたりといった日常行動が必要なため、休めないのです。

膝痛があるからといって、動かさないのも良くないです。高齢者の場合、歩けなくなったり、寝たきりになってしまうかもしれないからです。膝に痛みがあっても、なるべく痛みが出ないようにうまく膝を動かして、使っていくことが重要です。

 

膝の3つのクッションとは

膝の中の大切な役割をしているクッションは3つあります。

① 十字靭帯(前十字靭帯・後十字靭帯)

② 側副靭帯(内側側副靭帯・外側側副靭帯)

③ 半月板(内側半月板・外側半月板)

 

十字靭帯(前十字靭帯・後十字靭帯)は、膝の中で交差している靭帯で、特に前後にかかる衝撃のクッションの役割をしています。例として、ランニングをしていて急にストップした時に十字靭帯(前十字靭帯・後十字靭帯)が働きます。働かないと膝がぐらぐらしてしまい、ランニングの勢いで身体は前に倒れてしまいます。

側副靭帯(内側側副靭帯・外側側副靭帯)は、膝関節の安定させます。側副靭帯(内側側副靭帯・外側側副靭帯)は、左右からの衝撃に弱く、例えば空手やキックボクシングなどで外側から強く蹴られると、内側側副靭帯が切れてしまう事もあります。

半月板(内側半月板・外側半月板)は、膝痛の方に多くみられます。太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の間にあって、着地をする時に膝にかかる衝撃を和らげるクッションの役割になります。但し、半月板は消耗品のため、損傷したら再生するという回復機能はほとんどありません。使った分だけ消耗していくので、ジャンプして着地をするバスケットボールやバレーボールなどの選手は、半月板の消耗・損傷が激しいです。だからといって、歩く、動く、立つなどをしないで、じっとしていればいいわけではありません。膝を動かさないと、膝関節内部の循環が悪くなって、半月板などの軟骨はだんだん硬くなり、傷みやすくなります。

半月板だけでなく、膝関節のためには、適度に歩いたり、動いたりを続ける事が大切です。

 

膝を動かすことで、膝の中にある関節液の循環UP

膝を動かす効果として、膝の可動域を改善する、良くするというメリットだけではなく、実は膝痛にとって様々な別の良い効果ももたらしてくれるのです。

膝関節は「関節包」という大きな袋に包まれていて、その中には「関節液」という潤滑油で満たされています。この潤滑油がサラサラできれいな状態で、たくさんあれば、膝関節内の動きがスムーズになります。そのためにも、膝をしっかり動かし、関節液の循環を良くすることが大切です。

しかし、膝痛があったり、膝に炎症があったりして腫れると、ドロドロでにごった潤滑油になってしまいます。膝に痛みがあると、つい膝痛が出ないように動かさなくなって、余計に関節液の循環が悪化し、関節包はスポンジがつぶされたように縮んでしまいます。

多少の痛みがあっても膝を動かすことで、膝関節内部の代謝は上がります。膝を動かすことで、新しい関節液の循環によって、スポンジが水を吸ってふくらむように、関節包の中が潤います。

関節液の主成分は、「ヒアルロン酸」です。病院や整形外科で、膝痛の時にヒアルロン酸の注射するのは、ヒアルロン酸に炎症を鎮める効果があるためです。しかし、人工のヒアルロン酸は、天然のヒアルロン酸に勝ることはできません。人工のヒアルロン酸では、長続きしません。天然のヒアルロン酸なら、膝関節内部の修復能力も高く、膝を動かし続ければ常に関節液を循環させ、永遠に新しい関節液を補充することができます。

膝を動かすというのは、曲げ伸ばしをすること、歩くということです。

しっかり歩くことで、第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋ポンプ作用で、膝関節や足全体、そして全身の循環を要することが出来るのです。

膝痛の治療方法について

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院では、本当に膝が原因の痛みなのか、それとも膝以外の別の原因があって膝痛を出しているのかの鑑別が大切だと考えています。簡単に鑑別できることもあれば、根本治療・整体を続け経過をみることで鑑別できることもあります。もちろん、中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院以外にも整形外科や病院などの医療機関の診察や治療が必要な場合があれば、そちらに紹介することもございます。レントゲン検査、CT検査、MRI検査などは、整骨院ではできないからです。

膝痛が起こりえる疾患といえば、前十字靭帯損傷・後十字靭帯損傷、内側側副靭帯損傷・外側側副靭帯損傷、内側半月板損傷・外側半月板損傷、鵞足炎、ジャンパーズニー、腸脛靭帯炎、膝蓋靭帯炎、オスグットシュラッター病、滑膜ヒダ障害、分裂膝蓋骨、ベーカー嚢腫、ホッファ病、膝蓋骨脱臼、離断性骨軟骨炎、変形性膝関節症(OA)、腓骨神経麻痺など様々な疾患があげられます。

膝以外が原因としてあげられるのは、腰や臀部、首や肩、その他の部分が原因となって、膝痛を起こしている場合もあります。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院の問診では、いつ・どこで・どうしてその症状が出たのか、負傷原因がはっきりあるのか、なんとなく発生したのか等、患者様にお聞きしたり、思い出してもらったりして、一緒に根本原因を仮定していきます。

所見では、主訴(自覚症状)をお聞きしたり、検査をしたりしていきます。炎症の4所見(痛み、熱感、腫れ、赤み)や機能障害(動かしたときの痛み、動きの制限)や、歪み(背骨のSカーブ、左右の足の長さ、左右の肩甲骨の高さ)、その他(しびれ、むくみ、違和感、知覚、筋力など)も診ていきます。膝が原因なのか、膝以外が原因かを調べるために、必要な検査(筋膜、神経、血管、内臓、頭蓋)して、根本原因を仮定していきます。

中央区日本橋あおやま整骨院 人形町院の根本治療は、最初はビックリするかもしれません。なぜなら、他の部分の治療をするだけで、症状のある患部にまったく触れない・軽く触れているだけで症状が消失してしまうからです。

もちろん症状によっては患部のある部分を操作することもあります。ただ患部を気持ち良くするためだけのリラクゼーション整体・マッサージ治療ではありません。必要に応じて安静・固定・電気治療(超音波・微弱電流・干渉波など)・トルマリン温熱パック・アイシング・マッサージ・ストレッチ・カイロプラクティック・矯正・鍼灸・運動療法・生活指導(普段と違う姿勢を取り入れてもらったり、枕の位置指導)など併用いたします。どこへ行っても良くならなかった方、交通事故の怪我の方、中央区日本橋人形町付近の方、一番最後にあおやま整骨院・鍼灸院・整体院までお尋ねください!駅からも近く、土曜、日曜、祝日も営業しており、赤ちゃん連れや子供連れもOKです。

 

患者様の声 | 中央区日本橋 あおやま整骨院 人形町院

  • あおやま整骨院・整体院 80代男性 肩こり・膝痛

    私は昔から肩こりがひどく、5年前位からひざ痛が、加わりました。

    あおやま整骨院に来るようになったのは5年前からで、そのときは、5分も歩けない位でした。

    お陰様で、現在は階段を降りるのが不自由な位で、あとは何とか歩けるようになりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。